社長の思い

私が、建築業界に足を踏み入れたのは24歳のときでした。

子供の頃から物を造るのが大好きだった私には天職ではないかと思っていました。

また「形になるものを残したい!」という思いが強く建築業界に入ってからは

がむしゃらに仕事をしてきました。

 

しかし、37歳の時に初めて自宅を建てたときのことです。

自分で設計した家が、地盤沈下をおこしてしまったのです。

まさか自分の家が!プロとして本当に恥ずかしい話です。

その時に思ったことは

「設計図だけを書いていてはダメだ!自分で家を建てないと良い家はできない!」

ということでした。

そして、その時から設計事務所でありながら施工まで行うようになったのです。

 

ところが、いざ自分で施工を行うと、いろいろな問題が次から次へと起こりました。

・指示が現場の職人にしっかり伝わらない

・思っていたように出来上がらない

・建て主さんとの連絡や意思の疎通がうまくいかない

などなど多くの問題をかかえてしまい一時は

「もう家造りやめたいな」とまで思うようになった時期もありました。

 

しかし、一般の方にあの時の私と同じ思いをさせるわけにはいかない

という強い思いもあり何とか今日まで家造りを行ってきました。

そして今では、何か形になるものを残したいという考えから

私共を信頼して家造りを任せてくれる建て主さまのために

が私の思いに変わりました。

 

一生に一度の家造りをお手伝いできる

私にとってこれほど幸せなことはありません。

その信頼にこたえるため

自ら現場のチェックを行い一貫した家造り

をこれからもしていきたいと思います。

まだまだ私共も完全ではありませんが

建て主さまと向き合い、声を聞きながら共に成長していき

「何年経っても安心して住める良い家をつくっていきたい」と思います。_DSC8368_convert_20121122151439.jpg

 

最後になりましたが

このホームページでの出会いが家造りに夢をかけるあなたにとって

良いご縁になるとしたら幸いです。

あなたさまの依頼される住宅会社が仮に私たちでなかったとしても

あなたさまの大切な家づくりが成功されることを心よりお祈りしています。

代表 織本 弘

 

追伸:

当社ホームページ、家づくりの内容、などなど

何かわからないことがあればいつでも私どもへご連絡をください。 

すでに住宅会社が決定された方でも

すでにお建てになられた方でも全然かまいません。

家に関することであれば、何なりとご遠慮なくお尋ねください。

プロとしてのアドバイスを責任をもってお答えさせていただきます。

 

相談、質問のご連絡はこちらからどうぞ

▲このページのトップに戻る